:::: MENU ::::

万年筆買取専門館

あなたの万年筆、高価買取いたします。

各国の万年筆の言い方

買い取りスタッフのつぶやき
すべての記事, スタッフのつぶやき

各国の万年筆の言い方


こんばんは。

クリスマスも終わり、年末に向かってすごいスピードで進んでいますね。

今年も残す所、3日。

みなさん、やり残されたことはないですか!?

ぐちこは、有馬記念もはずし、万年筆を眺めながらボロボロの下半期を送っております(笑)

そしてふと、万年筆って各国の言葉でどうやって言うんだろう!?と気になり、
調べてみました。

流石に全世界の言葉は調べられませんでしたが、
下記に幾つかかとめてみます♪



——————————————————


まずは英語。
英語は知っている方は多そうですね。
“ファウンテンペン/fountain pen”

食い意地のはっている私は、チョコレートファウンテンをつい連想してしまいます・・・
choco

お次は、中国語。
“金笔・钢笔”

金笔のほうは、ペン先が金の万年筆に使われるらしいです。


お次は、韓国語。
“マンニョンピル”

韓国料理屋のメニューに載っていそう。そして結構覚えやすいフレーズな気がします!!


お次は、フランス語。
“スティロ/stylo・ルスティロ/le stylo”

こちらも2種類の言い方があるみたいですね。ストローと覚えておけば、忘れなそう。



お次は、ドイツ語。
“フュルフェーダー/Füllfeder”

響き云々ではなく、このUの上に付いている‥が顔みたいで、超かわいい♪


お次は、イタリア語。
“ペンナ・スティログラフィカ/penna stilografica”

ペンネかと思った。


お次は、スペイン語。
“エスティログラーフィカ/estilográfica”

長いですね。覚えにくい・・・


お次は、ロシア語。
“アフタルーチカ”

スペルはわかりませんでした(笑)


お次は、ヒンディー語。
“फव्वारा कलम”

読み方が一切、わかりません・・・なんて読むんだろう!?


お次は、タイ語。
“ปากกาหมึกซึม /パッガー ムック スム”

難しいですね。


調べだすときりがないですね。
世界は広い!!!

みなさんも知っている国の言葉があれば、
教えてください(^^)

万年筆買取専門店 高価買取 一覧万年筆買取専門店 03-3388-1178